このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2014年

映像学部の「香港フィルマート」に参加につきまして

 映像学部は、3月24日(月)から27日(木)まで香港コンベンション&エキシビションセンターで開催されている「香港フィルマート」に参加しました。

映像学部では、グローバル化に対応した教学展開を視野に入れており、今回はその一環として参加となりました。

「香港フィルマート」は世界中から映画・映像コンテンツが集まるアジア最大級の見本市で、世界32の国と地域から映像業界の関係者が様々な交渉をおこないます。日本国内からはコンテンツホルダー45社、出展者総数119名が参加しましたが、大学機関からの出展は立命館大学映像学部のみで、参加者からの注目を集めました。

映像学部からは、2011年度から2012年度にかけて中島貞夫客員教授指導による「映画制作論」の成果として制作し、2013年に京都と東京で一般上映した映画「嵐電の町、ひと模様」を出展し、25日(二日目)までで約40件の企業や団体と情報交換や上映・放送に関わる交渉を行いました。

 映像学部チームは、中村彰憲教授と、「嵐電の町、ひと模様」の続編となる作品のプロデューサーを務める野崎晴菜さん(3回生)が交渉を担当し、期間中には、中国、香港だけでなく、シンガポール、マレーシア、ネパールといったアジア各国の映像関係者がブースを訪れ、世界に広がる映画・映像業界の可能性やコンテンツ展開の交渉を進めました。

 野崎さんは「日本では体験出来ないような刺激を受けています!自分の携わった作品を世界の方々が目を輝かせてご覧頂く姿に感銘をうけ、評価されることで作品制作に非常にやりがいを感じました」と語りました。


 

会場の様子

 

作品を紹介する中村教授と野崎さん

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。