このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2013年

午年にちなみ、必勝の酒「勝馬米」“新酒”を産学で生産・販売

 小西酒造株式会社、農事組合法人栗東有機農業生産組合、競走馬育成事業組合と立命館大学は、2014年の午年(うまどし)にちなみ「超特選白雪 純米大吟醸 必勝の酒 勝馬米」の第2弾“平成25年新米”を共同で生産し、12月24日(火)から1,200本限定で発売します。

 「清酒勝馬米」は、地域の1次産業(農業)と第2次、第3次産業を結び付ける6次産業化に加え、大学の知を取り入れて製造されました。科学的な根拠を加えることで、農業生産物を高付加価値化そしてブランド化するという、新たな概念から生まれた商品です。
 具体的には、日本中央競馬会(JRA)栗東トレーニング・センター(滋賀県栗東市)の競走馬の馬糞から作られた堆肥(馬有機堆肥)を肥料に栽培したお米(勝馬米:滋賀県産)を、小西酒造が清酒として加工・製品化。加えて、これまで経験的に良質とされていた馬有機堆肥について、立命館大学の久保幹・生命科学部教授が微生物に基づく土壌肥沃度診断(SOFIX)の技法を応用し、科学的に良質で安全、安心であることを証明しました。
 第1弾として、2013年4月から滋賀県守山市のJAおうみ富士ファーマーズマーケット「おうみんち」と、小西酒造株式会社の販売店およびWebショップで初めて発売したところ、すぐに完売。そこで、第2弾として、今年の秋に収穫した新米「勝馬米」を使い新酒を生産。既存販路に加え、草津あおばな館、関東の小売店などにも販路を拡大し、販売します。

 栗東トレーニング・センターには、本日の有馬記念で有終の美を飾った競走馬オルフェーヴルも所属しており、午年に縁起のよいお酒となっています。勝負にこだわる方、午年の方、そして日本酒好きの方に飲んでいただきたい逸品です。


【出荷開始日】
2013年12月24日(火)
※Web販売は24日に開始しますが、店舗販売は場所によって数日遅れる予定です。
【製造元】
小西酒造株式会社
【小売価格】
3,000円(消費税別)
【店舗販売】
JAおうみ冨士ファーマーズマーケット「おうみんち」(滋賀県守山市)、草津あおばな館(滋賀県草津市)、東急ハンズ心斎橋店(大阪府大阪市)、阪急百貨店大井食品館(東京都品川区)、小西酒造株式会社白雪長寿蔵ショップ(兵庫県伊丹市)、他
※数量限定で販売するため、店舗によってはすぐに売り切れとなる場合もございますので、ご購入の際はあらかじめ各店舗へのご確認をお願いします。
【WEB販売】
小西酒造株式会社「長寿蔵オンラインショップ」
※ご好評につき、オンラインでの販売分は完売となりました。


■本件に関わるお問い合わせ先
 立命館大学リサーチオフィスBKC
 TEL:077-561-2802
 立命館大学広報課
 TEL:075-813-8300

 

技術を提供した久保幹・生命科学部教授と新酒“勝馬米”

■「清酒勝馬米」の開発の詳細はこちら

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。