このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2013年

「100円朝定食」提供をプレスタート!大学生の朝ごはん事情を改善 朝ご飯を食べて1日の効率をアップ!

 立命館大学と立命館生活協同組合は、びわこ・くさつキャンパス(以下、BKC)のユニオンフードコートにおいて、父母教育後援会(※)の支援を受けて「100円朝定食」の提供をプレスタートしました。

 本学では約半数の学生が一人暮らしをしており、朝食を摂らないことで、生活のリズムを崩したり、体調を崩すことなどが心配されます。本学の調査(2012年度学生定期健康診断問診表)によると、「朝食を摂りますか」という設問に対し、全回答者(28,340名)のうち「いいえ」が9.3%、「時々」が31.5%と約4割の学生が毎朝朝食を摂っていないと回答しました。男子学生の場合、1回生では77%の学生が朝食を摂っていますが、2回生以上になると50%以下に低下しています。父母から寄せられるアンケートにおいても、子どもの健康面への不安に関する意見や要望が多く寄せられています。
 このような状況を踏まえて、学生がきちんと朝食をとる習慣を身につけ、健康管理や生活習慣の見直しにつなげてもらう契機とするため、「100円朝定食」の提供を行うこととしました。
 
 100円朝定食は、期間中、8:15~8:40にレジで精算を済ませた人を対象とします。おかずは、日によって替わりますが、コロッケや納豆、ひじき、豆腐など種類が豊富です。BKCでの試験導入を経て、2014年4月から両キャンパスでの全面導入も予定しています。

 立命館生活協同組合の佐藤由紀常務理事は、「学生がしっかり朝食を食べて授業に行ってもらうきっかけになれば嬉しい」と話します。100円朝定食を食べに来た学生は、「100円なら缶ジュースより安いし、一人暮らしの学生でも気軽に食べられるので嬉しい」などと述べました。導入初日は、朝の時間、普段の2倍に近い175名の学生が食堂を利用し、普段は利用していない学生たちも定食を食べにきている様子が見られました。

※立命館大学に在籍する学部生の保護者が加盟する組織。大学の教育方針に則り、学生の教育・学生生活・学園づくりを支援する。


<100円朝定食に関する概要>
期  間:2013年10月21日(月)~11月1日(金)
場  所:立命館大学BKCユニオンスクエア2階 フードコート
対  象:立命館大学生・大学院生
      期間中、8:15~8:40にレジで精算を済ませた人を対象とする
内  容:ご飯Sサイズ、おかず3品、味噌汁


■本件に関するお問い合わせ先
 立命館生活協同組合衣笠センター
 TEL:075-465-8280
 立命館大学広報課
 TEL:075-813-8300

 

 

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。