このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2007年

APU元日本語常勤講師仮処分特別抗告事件についての最高裁判所の「特別抗告棄却」決定について(報告)

1. APUの元日本語常勤講師が、期間満了を理由に契約を更新されなかったことが不当であるとして地位保全の仮処分を申し立てていましたが、最高裁判所第二小法廷は、6月20日、APU日本語常勤講師の特別抗告に対して裁判官全員一致の意見で「抗告を棄却する」との決定をしました。
最高裁判所の決定により、APU元日本語常勤講師の申立を却下した大分地方裁判所の決定(2006年11月30日)を相当であると判断し即時抗告を棄却した福岡高等裁判所の決定(2007年3月19日)が確定することとなり、立命館の対応の正当性が最高裁判所においても認められたことになります。

2. 本件の経過は以下のとおりでした。
2006年
5月18日 APU元日本語常勤講師が仮処分申立
11月30日 大分地方裁判所が申立却下の決定
12月14日 APU元日本語常勤講師が即時抗告申立

2007年
3月19日 福岡高等裁判所が抗告棄却決定
3月24日 APU元日本語常勤講師が許可抗告申立・特別抗告申立
4月18日 福岡高等裁判所が抗告を許可しないと決定
6月20日 最高裁判所第二小法廷が抗告を棄却すると決定

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。