このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2012年

理工学部 道関隆国教授の研究グループが植物発電によるワイヤレス植物モニタリングシステムを開発~電池を用いずに植物の健康状態のチェックが可能に~

 理工学部の道関隆国教授の研究グループは、植物から発生する電気を利用し、植物の健康状態を観測するワイヤレス植物モニタリングシステムを開発しました。

 本モニタリングシステムは、植物の導管を通る水分(木部樹液)と導管に刺した針電極の亜鉛が反応して発生する微小な電気を蓄電し、一定の電力量が貯まった時点で、植物発電センサー内の送信機から受信機へワイヤレス送信するシステムです。
 水分量が少ない土壌や、植物自体が弱り木部樹液を吸い上げられない場合には、導管を通る木部樹液量が低下するため、発電量が低下します。そのため、送信機から受信機への送信の信号間隔が長くなります。受信間隔をモニタリングすることで、植物の健康状態を継続的に観察することが可能となります。
 これまで、土壌の水分状態を、電池を用いてモニタリングする機器はありましたが、植物個々の健康状態をバッテリーレスかつワイヤレスで観測できる機器の開発は世界でも初めてとなります。今後、植物発電センサーの小型・軽量化を行うとともに、複数の植物で本モニタリングシステムの有用性を実証し、実際の農業で行われている植物栽培等に適用していく予定です。
 本研究成果は、今年10月、国際学会IEEE SENSORS 2012において、口頭発表を行ったものです。


【本件に関わるお問い合わせ先】
 立命館大学広報課
 TEL:075-813-8300
 立命館大学リサーチオフィスBKC
 TEL:077-561-2802

 

ワイヤレス植物モニタリングシステムの紹介動画はこちら

ワイヤレス植物モニタリングシステムの詳細はこちら

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。