このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2012年

立命館大学エリアワンセグ実験放送局「R-one.TV」の実験放送および防災面での実証実験を実施~大学キャンパスにおけるワンセグ放送の可能性を探る~

 立命館大学(映像学部、歴史都市防災研究センター、アート・リサーチセンター他)、京都市、財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)、株式会社京都放送(KBS京都)、リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社の産学公連携で行う立命館大学ワンセグ放送局「R-one.TV」は、2011年4月に総務省「ホワイトスペース特区」の採択を受け、同年11月に立命館大学衣笠キャンパスと周辺住宅地域をカバーする拡大的な実験試験局免許を総務省より取得しました。
 この度、特区指定期間の終了に伴い、2012年12月10日(月)~25日(火)の12:00〜18:00に特区の実証実験としては最後となる実験放送を立命館大学衣笠キャンパスおよび一部周辺地域にて実施します。

 実験放送では、映像学部学生の映像作品や大学キャンパスにまつわるバラエティ番組、地域に親しまれている商店のCMなどを「学生・地域住民向けワンセグ放送(エンタテインメント編)」として放送します。

 また、12月27日(木)には、防災面での実証実験として「ワンセグを使用した地震発生時の避難実験(防災編)」を実施します(13:00〜16:30予定)。防災実験では、緊急時(地震)における避難や応急処置の行動を想定し、大学が準備している学生用の「緊急災害対応ハンドブック」と「ハンドブックの内容を映像化したワンセグ放送」のそれぞれが避難行動、応急処置に対して持つ有効性と課題について比較検証する実験を行います。今回は新しい取り組みとして、簡易型リモコンヘリコプターを利用してキャンパス上空からの俯瞰映像を撮影し、それを災害発生時の放送コンテンツとして活用する検証実験も予定しています。

※防災実験については、立命館大学「東日本大震災に関る研究推進プログラム」との共同実験として実施します。

■本件に関するお問い合わせ先
立命館大学(担当:広報課 岡本) TEL:075-813-8300

■「R-one.TV」の詳細はこちら

■「R-one.TV」の昨年度の取り組みはこちら

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。