このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2012年

立命館大学が2012 Esri International User Conferenceにて、SAG賞(Special Achievement in GIS Award)を受賞

 立命館大学(文学部地理学専攻の研究グループ)が2012 Esri International User Conferenceにて、SAG賞(Special Achievement in GIS Award)を受賞しました。

 SAG賞は、世界各地約10万を超えるESRIユーザサイトの中から、GIS(地理情報システム)分野において特に顕著な功績を収めたユーザに授与される国際的な賞となります。2003年に賞が創設されて、毎年世界各国から約150の企業、団体が受賞しており、立命館大学の受賞は初の快挙となります。

 研究グループを中心とする以下のGIS(地理情報システム)を用いた活動や功績が世界的に認められ、日本からは2012年度において唯一の受賞となりました。

・国内初の全学サイトライセンス(2002年~)
・日本初のGIS Day 開催(2002 年~)
・学内のGIS カリキュラムの導入・実施によるGIS 技術者の人材育成
・自治体、小中高へのGIS 啓発活動(2002 年~)―国土交通省との共同プロジェクト等、
 自治体、小中高向けGIS 講習の定期的な開催
・ハーバード大学デザイン大学院との連携GeoDesignセミナーの開催―日本国内における
 GeoDesignコンセプトの啓発活動
・歴史都市京都のGIS 可視化時間次元を取り入れた 4 次元GIS としてのバーチャル京都
 の構築
・ArcPadを活用した京都市内の大規模町家調査(京都市、財団法人京都市景観・まちづ 
 くりセンターとの共同プロジェクト)

■受賞メンバー
矢野桂司・立命館大学文学部教授
中谷友樹・立命館大学文学部教授
河角龍典・立命館大学文学部准教授
村中亮夫・立命館大学文学部講師
花岡和聖・立命館大学文学部助教
桐村 喬・立命館大学ポストドクトラルフェロー
瀬戸寿一・立命館大学ポストドクトラルフェロー
塚本章宏・立命館大学ポストドクトラルフェロー
松本文子・日本学術振興会特別研究員(PD)
赤石直美・立命館大学歴史都市防災研究センター客員研究員

■GIS(Geographic Information System:地理情報システム)について
地球上にある事物の位置や形状の情報と、文字や数値の属性情報から構成される地図(地理情報)を、視覚化、分析、管理するための情報システム。

■ESRI(Environmental Systems Research Institute, Inc.)社について
地理情報システム (GIS) のソフトウェア、データ、出版、提供を行なっている企業。米国のカリフォルニア州レッドランズ市に所在し、GIS関連では世界有数の企業。

 

SAG賞の記念撮影(米国Esri社社長ジャック・デンジャモンド氏・Esriジャパン株式会社社長正木千陽氏と共に)

受賞内容の詳細はこちらから

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。