このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2012年

ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーションと立命館大学スポーツ健康科学部との学術交流・協力協定の締結について

 立命館大学スポーツ健康科学部は6月20日(水)、一般財団法人ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーション(以下、USF)と学術交流・協力に関する協定を締結いたしました。

 スポーツに関わる社会貢献活動や相互の学術交流・協力の取組みを通じて、健康的な社会の創造に寄与することを目的としています。

 今後、スポーツを通じた災害復興支援および社会貢献活動の実施や、USFのボランティア活動への学生・院生の参加、そしてUSF協賛イベント等での正課授業としての学生のインターンシップなどを共同で行い、スポーツを通じた社会の発展に貢献することができる人材を育成します。

■ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーション(USF)と立命館大学スポーツ健康科学部との学術交流・協力協定の締結に
 ついて
 締結日:2012年6月20日(水)
 場 所:立命館大学朱雀キャンパス 601西会議室
 締結者:一般財団法人ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーション
      代表理事 諸橋 寛子(写真左)
      立命館大学 スポーツ健康科学部長 田畑 泉(写真右)
 内 容:(1)スポーツ健康科学部の正課授業としてのインターンシップを、USFで実施
      (2)USFが実施する社会貢献イベントへ、ボランティアとして立命館大学生が参加
      (3) 災害復興支援に関わる事業に対する相互協力、支援
      (4) スポーツ健康科学部の授業等へ、USFからゲストスピーカー等を派遣・紹介
      (5) スポーツを通じた教育・研究・社会連携に関わる相互交流

■ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーション(USF)について
東日本大震災以降、さまざまな支援・貢献活動へ関心が高まる中、スポーツを通じて社会貢献することを目的に2011年9月に設立。全ての人に勇気や感動を与えることができる「スポーツの持つ力」を再認識し、その魅力をより多くの人に伝えるべく、スポーツに触れる機会創出を積極的におこない、人々の心身の健康に寄与することを目指す。“One World. One Team.”を財団メッセージとし、①スポーツを通じた明るく楽しく健康的な社会の創造と発展への貢献、②スポーツの社会的公共文化財としての価値向上とスポーツ文化の創造と発展への貢献、③スポーツを通じた健全な心と体をもった子供たちの育成への貢献を理念として、東日本大震災の被災地でのスポーツを通じた復興支援事業の実施など、社会貢献活動に取り組んでいる。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。