このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2011年

理工学部 教授・道関隆国 研究室 尿発電(おしっこ発電)によるおむつ用尿漏れセンサーシステムを開発

 理工学部 電子情報デザイン学科教授・道関隆国研究室において、尿発電(おしっこ発電)によるおむつ用尿漏れセンサーシステム(おむつ用尿発電電池とワイヤレス尿漏れセンサー)を開発しました。

 センサーネットワークの応用分野の1つに介護があります。特に、病院等で行われている高齢者介護では、介護者が定期的に被介護者のおむつの状態を確認し、状態に応じておむつの取り替えを行っています。
 道関研究室では、介護者の不要な確認作業の負担を軽減でき、また被介護者の尿漏れによる不快感を軽減できるセンサーネットワークの研究を進め、2009年11月に尿発電によるワイヤレス尿漏れセンサーシステムを開発しました
参考:http://www.ritsumei.jp/press/detail25_j.html

 今回、道関研究室が開発した尿発電(おしっこ発電)のおむつ用尿漏れセンサーシステムでは、前回開発したセンサーシステムと比較し、尿発電電池がおむつに装着しやすい形状・大きさ(長さ約30cm、幅9mm)にすることに成功し、また尿発電電池と送信機の配線が不要なセンサーシステムを実現したことで、実用化に向けて大きく前進しています。
 あわせて、人工尿80 cc(赤ちゃんの1回の平均排尿量)をおむつに投入した場合に、5 m離れた受信機におむつのID付き尿漏れ情報を間欠的に送信し続けることについても成功しました。

 つきましては、本研究成果をお知らせいたします。

【本件に関わるお問い合わせ先】
  立命館大学総合理工学院理工学部教授 道関隆国 研究室
  研究室 HP:http://www.ritsumei.ac.jp/~douse/
  立命館大学リサーチオフィス(BKC) 
  TEL:077-561-2802

研究内容はこちら

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。