このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2008年

全日本大学女子駅伝で立命館大学が3連覇

 10月26日(日)、第26回全日本大学女子駅伝対抗選手権大会が、「杜の都」仙台市の宮城陸上競技場から仙台市役所前市民広場までの6区間、38.6キロで行われ、立命館大学女子陸上競技部が3連覇を達成、史上最多の5度目の優勝を飾りました。また3つの区間で新記録更新しました。

 この大会に立命館大学(19年連続19回目の出場)は6名中4名の1回生を起用。1区では地元仙台出身の岩川真知子(経営学部1回生)が7位と、昨年とは違ったレース展開になりました。2区の竹中理沙(経営学部1回生)が4位に上げ、最長区間となる3区では今年の日本学生対抗選手権5千m日本人トップの小島一恵(経営学部3回生)が昨年自らの大会記録を更新する区間新記録の走りで43秒あったトップとの差を1秒差まで縮めました。4区では日本学生対抗選手権1万m優勝の沼田未知(理工学部1回生)がこれも区間新記録でトップに立ち、最もアップダウンのきつい5区では田中華絵(経済学部1回生)も区間新記録で差を広げ、2年連続でアンカーの松永明子(経済学部4回生)が2位に1分以上の差をつけ、井元監督、十倉コーチ、チームメイトの待つゴールへトップで飛び込みました。

 また8年連続8回目の出場となる立命館アジア太平洋大学は、1区モワンギ・ワシュカ(アジア太平洋学部4回生)が12位で2区につなぎ、3区では5千m日本学生記録保持者ワンジョイ・ワンガリ(アジア太平洋学部4回生)が区間3位の力走をみせるなど健闘し、14位となりました。

 この大会には、宮城県校友会をはじめ、東北各県の校友が仙台に集結し、宮城陸上競技場から次々と応援ポイントを移動。関西から駆けつけた父母や立命館大学応援団の学生らとともに応援しました。大会後の「円陣」で長く陸上競技部の歴史をつくってきた芝田徳造名誉教授が挨拶し「全立命館の力で勝てたことに心から感謝したい」と謝辞を述べました。

 茨城県つくば市で行われる全日本大学女子選抜駅伝競走は、12月23日(火・祝)、つくば中央公園から筑波大学陸上競技場までの区間で実施予定。立命館大学女子陸上競技部はこの大会で5連覇中。今年は6連覇をめざします。

 みなさまの応援をよろしくお願いします。

各走者の結果 (  )内は立命館大学の順位
 第1区 岩川 真知子 19分48秒(7位)
 第2区 竹中 理沙 21分48秒(4位) 
 第3区 小島 一恵 29分35秒(2位)*大会新 区間賞
 第4区 沼田 未知 15分19秒(1位)*大会新 区間賞
 第5区 田中 華絵 13分07秒(1位)*大会新 区間賞
 第6区 松永 明子 27分16秒(1位)

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。