このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS

薬学部 民秋 均教授、久留米大学医学部 原田 二朗助教の共同研究グループ
   新種の細菌型クロロフィル(バクテリオクロロフィルf)を発見


 薬学部の民秋均教授と久留米大学医学部の原田二朗助教の共同研究グループは、これまで存在は予想されていたが所在が明らかになっていなかった新種の細菌型クロロフィル(葉緑素)を、世界で初めて発見しました。

 

 発見された新種の細菌型クロロフィル(名称:バクテリオクロロフィル)は、その分子構造が約40年前に予想されていましたが、生体からは見つかっていませんでした。本研究グループは、2003年から調査を始め、このたび、光合成を行う細菌の変異体にバクテリオクロロフィルの存在を確認し、併せてそれらが光合成に関与していることを証明しました。これはバクテリオクロロフィル以来約30年ぶりの発見であり、この発見によりバクテリオクロロフィルからまでの細菌型クロロフィル7種類が全て発見されたこととなります。

図:7種のバクテリオクロロフィルの分子構造
図:7種のバクテリオクロロフィルの分子構造

※BChl は、1975年にBChl e が発見された際に、その類縁体としてその構造が予想されていましたが、今回の研究で初めて確認することができました。

 

 本研究成果は、光合成に関わるクロロフィルなどの色素分子の進化過程を考える上で大変重要であり、今後、天然の光合成の機能を分子のレベルで明らかにするばかりでなく、太陽光エネルギーを物質に変換させる「人工光合成システム」の実現(人工的なソーラーシステムの開発など)にも弾みがつくものと期待され、バイオエナジー獲得の新規アプリケーションの開発における研究分野においても、大きく貢献すると考えられます。
なお、これらの研究成果は、9月19日のScientific Reports(サイエンティフィック・リポーツ*)に、掲載されています(*英国科学誌ネイチャーの姉妹誌で、学際的電子ジャーナル〈オンライン科学雑誌もしくは科学電子雑誌〉)。

 

論文はこちら http://www.nature.com/srep/2012/120919/srep00671/full/srep00671.html

 

【本件に関わるお問い合わせ先】
 立命館大学大学院生命科学研究科(薬学部薬学科) 生物有機化学研究室
   研究室HP :http://www.ritsumei.ac.jp/se/rc/staff/tamiaki/lab.html
 立命館大学広報課 
   TEL:075-813-8300

 

 

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。