このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS

文部科学省「平成23年度大学の世界展開力強化事業」に
文学部「東アジア次世代人文学リーダー養成のための、日中韓共同運営トライアングルキャンパス」が採択されました


 

 立命館大学文学部は、文部科学省「平成23年度 大学の世界展開力強化事業」(※)に採択されました。
 この事業は今年度が初となる試みで、「タイプA:キャンパス・アジア中核拠点形成支援」「タイプB:米国大学等との協働教育の創成支援」の2部門で公募があり、本学はタイプA-1「日中韓のトライアングル交流事業」において、広東外語外貿大学(中国)、東西大学校(韓国)と連携して行う「東アジア次世代人文学リーダー養成のための、日中韓共同運営トライアングルキャンパス」が採択されました。タイプB部門では同一法人内の立命館アジア太平洋大学が採択されております。

 

※「平成23年度 大学の世界展開力強化事業」とは
急速なグローバル化の中、将来的に各国の社会システムが一層密接に関連しながら発展することを見据えて、アジア及び米国等との国際的な枠組みにおいて、日本人大学生と外国人大学生との協働教育により、自国、他国の出身にとらわれない、グローバル社会で活躍できる人材を養成するための取り組みに対し、文部科学省が重点的に財政支援を行う。採択は(独)日本学術振興会を中心に運営される委員会や日中韓三カ国による共同審査を経て決定する。

 

 

 

1.採択された事業について

 

<名称>

東アジア次世代人文学リーダー養成のための、日中韓共同運営トライアングルキャンパス

 

<人材育成目標>

【東アジア次世代人文学リーダー】
日中韓の高度な言語能力と人文学への深い理解を有し、同地域の諸問題を人文学的見地から洞察し、実践的に
活躍できる東アジア次世代リーダー

 

<プログラムの枠組み>

三大学が共同で開設するカリキュラムを中心に、各大学の授業を「移動キャンパス」という仕組みによりプログラム化し、さらに移動キャンパスを支える各種の仕組みを構築した包括的な人材育成プログラム。三大学の学生は自らの関心と意欲に応じて履修し、その過程で選抜されるパイロット学生については三大学を横断・キャンパス移動しつつ学ぶ。

 

<連携大学>

日本
(京都)
中華人民共和国
(広州)
大韓民国
(釜山)
立命館大学
文学部
広東外語外貿大学
東方語言文化学院
東西大学校
外国語学部

立命館大学

広東外語外貿大学 東西大学校

 

<対象>
2012年度に文学部に入学した学生

 

 

2.プログラムの特徴


(1)2年間の「移動キャンパス」をプログラム化
立命館大学(日本)、広東外語外貿大学(中国)、東西大学校(韓国)から選抜された学生(以下パイロット学生)各10名が2年生と3年生の各9か月、それぞれのキャンパスを共に国際移動し(1国の滞在は3か月)、日中韓の言語・文化・文学・歴史などを習得できる、それぞれの自国語を基本とするカリキュラムで学びます。それぞれの大学で取得した単位は互換制度によって所属大学の単位として認定します。学生は各キャンパスの国際寮で共同生活を送ります。

 

 <受入学生への各大学提供科目例>

東西大学校 基礎韓国語、韓国語ヒアリング、韓国大衆文化の理解、東アジア文化の理解、韓国文化遺産探訪、国際開発協力の理解、東アジア懸案研究、東北アジア社会文化など
広東外語外貿大学 基礎中国語、中国語ヒアリング、中国語作文、中国語会話、中国事情、中日比較文化、中韓比較文化、中国文化概論、現代中国語、文化産業概論など
立命館大学 日本語、日本語ライティング、日本語講読、日本事情、日本文学概論、日本史概論、日本文化論、日本経済概説、現代東アジア言語文化論、京都学概論など

※語学レベル、専門研究は年次を重ねるごとに高度化します

 

(2)「遠隔講義」「ショートステイ」を活用
テレビ会議システムを利用した三大学間の「遠隔講義」や年2回(8月・2月)、3大学を7~10日間相互訪問し、現地での集中講義やフィールドリサーチを実施する「ショートステイ」により、パイロット学生は1年次から「言語」「専門知識」「コミュニケーション」の力を養います。

 

(3)パイロット学生以外の学生について
移動キャンパス以外のプログラムである「遠隔講義」や「ショートステイ」などは原則として文学部全学生に対して履修を推奨します。また中国、韓国からの留学生とともに専門科目を学ぶことで視野の広がりを期待します。

 

(4)3カ国でのキャリア形成
パイロット学生を中心に、各大学所属の希望する学生も含めて、現在有する文学部の豊富な国内インターンシップや、韓国・中国でのインターシップに学生を相互参画させ、キャリア形成に力を入れます。また、既に実施されている広東外語外貿大学および今後新設される東西大学校との修士課程の複数学位制度を利用して、アジアで広く通用する大学院レベルの高等教育キャリアの形成も促進します。

 

(5)質保証の仕組み
学士力の検証、教育の質の保証のために、これまでも実施してきた三大学教職員合同会議を強化・定例化し、成績管理等の協働性を高めるとともに、語学力などの客観的数値に基づく検証も実施し、卒業時には本プログラム修了証を共同で発行します。また、日本側では到達度検証として卒業論文を必修とします。

 

(6)ネットワーク形成と情報発信
卒業後も日中韓の本プログラム修了者のネットワークを強固に組織化し、それらを日中韓の資産として活用することを図ります。また、「日中韓リーダーズフォーラム」(研究発表)を開催し、本プログラムの修了者・履修者や学内外の本事業関係者などが集まり、各国語の研究発表などを公開で行い、成果の公表に努めます。

 

 

3.三大学の連携の背景

  平成15年以降、立命館大学・東西大学校(韓国釜山市)・広東外語外貿大学(中国広州市、平成18年から参加)の三大学間で高度なテレビ会議システムによる遠隔講義(以下日中韓連携ゼミという)を実施し、正課科目として各大学が単位を認定してきました。また夏季と春季には、7~10日間程度の集中授業をローテーションで各国において実施し、講義・フィールドワーク等を実施してきました。これらを通じて、東西大学、広東外語外貿大学の外国語学部の学部生・院生と立命館大学文学部・文学研究科の学部生・院生が、現代日中韓の各文化・経済・社会の諸問題や教科書問題・領土問題等の共同テーマに基づいて調査・研究をおこない、それを相互に発表し、議論をおこなってきています。この8年間で、日中韓でのべ703名がこのプログラムに参加し、修了者は留学先の国などで大学教員、中高教諭、翻訳通訳業などで活躍しています。相互の留学率も高まり、また職員の相互研修も実施し、立命館大学と広東外語外貿大学の間では修士課程の複数学位制度が設けられるなど、三大学間では共同運営キャンパスのための基盤が構築されてきました。

 

 

4.三大学の学長・学院長コメント

 

【川口清史 立命館大学学長】

 

立命館大学総長  グローバル化が急速に進む中、「アジアの時代」を見越した人材育成を行うことは大学の重要な責務の一つです。
 語学力や留学経験というレベルを越え、世界を舞台に活躍する人材をどう育成するか。その答えのひとつが本学の構想であると確信しています。それは、アジアの多様な国々を経験し、国境・文化の違いを超え、アジアの友人と密接に時間を共有し、学修・研究・人間関係に生活の時間の大半を打ち込むことで可能になる人間形成であり、そしてそのネットワークが、卒業後も将来的な多国間の友好関係を重層的に織りなしていくというスキームです。
 今回の採択は、三大学のこれまでの取り組みの成果と実績が評価されたものと考えており、光栄であると同時に責務の重大さを認識しております。
 この構想を東アジアにおける新たな多国間連携型高等教育モデルとして確立し、日本の大学ひいては日本社会全体の国際化をけん引する役割を担うべく、全学を挙げて努力する所存です。


【陳多友 広東外語外貿大学 東方語言文化学院院長】

 

広東外大院長  キャンパス・アジアは中日韓の連携プレイのプロジェクトであり、三国の歴史、文化、経済に通じる次世代のリーダーを養成することはわれわれ三大学の共通の目標であります。今回の申請に成功したことは第一歩に過ぎないと思います。本学院もこのプロジェクトの一翼を担っており、当該プロジェクトの実施にあたって、より一層努力し、物質的且つ人的資源を活用し、全力を挙げて推進していきたいと思います。「三人寄れば諸葛孔明の知恵」という諺の言うように、中国側、日本側と韓国側の共同の努力によりこのプロジェクトは必ずや成功するに違いないと私どもは確信しております。

 

 

【張済国 東西大学校学長】

 

東西大学校学長  韓日中の人文学への深い理解を有する北東アジア地域の次世代リーダーを養成するという本プロジェクトの趣旨が、三カ国で高い評価を受けたことを大変光栄に思います。本プロジェクトを共に運営する東西大、立命館大、広東外語外貿大は、遠隔画像講義を5年間共同で運営した実績があり、それらへの高い評価があったものと思われます。三大学がこれまでの実績と信頼に基づき、北東アジア時代を牽引する「北東アジア人」を養成し、未来志向の三国関係の構築に寄与できることと確信しています。

 

 

<内容についてのお問い合わせ先>
立命館大学文学部 TEL.075-465-8187 FAX.075-465-8188


「東アジア次世代人文学リーダー養成のための、日中韓共同運営トライアングルキャンパス」イメージ図

文部科学省の当該ページ http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/sekaitenkai/1312826.htm

 

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。